2021/06/10
アダルト

妊娠中は中出しセックスはOK?NG?中出しに伴うリスクとは?

妊娠中の「中出しセックス」は、実際のところ問題ないのでしょうか?相手の女性がすでに妊娠していれば、それ以上「妊娠」ということは医学的にはほぼ皆無と言えます。

男性にも女性にも性的快感が非常に高まる「中出しセックス」ですから、妊娠中に、ここぞとばかり中出しするご夫婦もいるでしょう。

体験談も交えて、「妊娠中中出し」セックスに関してのリスクや問題点を探っていきます。

妊娠中の中出しセックスはしても大丈夫?

妊娠中「中出し」のセックスをしても大丈夫なのでしょうか?

「中出し」は男性にとっては最高の快感のあるセックスです。

もちろん女性にとって生の男性器の挿入は気持ちいいセックスとなります。

「中出し」妊娠のリスクがありますが、すでに妊娠している場合、しても良いものなのでしょうか?

これ以上妊娠しないので男性には中出しの絶好のチャンス?

卵子が「受精」し、子宮に着床した状態を妊娠と言います。

この状態で次の精子が子宮に送り込まれても、二重に妊娠することはありません

ですので妊娠中は、「避妊」ということに関しては無視していいようにも思えます

と、いうことになると、妊娠中は「中出し」しても平気な絶好のチャンスのようにも思えます。

妊婦でも性欲旺盛で中出しセックスしたい女性は多い!

妊娠中でも性欲が旺盛で、セックスしたい女性は数多くいます。

避妊のことを考えなくてもいいとなれば、中出しで快感を味わいたい女性がいるのも自然なことでしょう。

妊娠中の女体に萌えるかどうかは男性によってかなり異なる!

妊娠中のセックスに関しては、男性がまずその「妊娠した姿」に萌えるかどうかもかかってきます。

お腹が膨らみ始め、乳首が黒ずんでくる様子に勃起しなくなる男性も多いようです。

逆に妊婦の身体をみて、余計に性欲がかき立てられるという男性もいます。

妊娠中のセックスは良いが中出しは極力避けるべきという説!

最近の一般常識として、妊娠中もセックスはしても良いが、「中出し」は避けるべき、という説が完全に上位です。

ひと昔前ですと、妊娠したらセックスは厳禁とする説もありました。

「中出し」を避けるべき理由を、1つ1つ探っていきましょう。

自然と性欲が減退するなら無理なセックスは避ける

まず女性は妊娠すると、自然と性欲が減退することが多くあります。

これは女性の身体で、ホルモンバランス劇的に変化するためだと言われています。

また、自身が妊娠していると解ったため、お腹の赤ちゃんを守ろうとする意志が発現するせいでもあります。

妊娠中の中出しに関するリスクは実はかなり多い!?

この後の章で詳しく見ていきますが、妊娠中の中出しセックスには多くのリスクがあると言われています。

それは精液の成分に由来する内容であったり、性器からの感染症のリスクであったりします。

オーラルセックスも避けるべきとする医学者もいる?

医学者の中には、中出しはもちろん、オーラルセックスも避けた方がいいという学説の人もいます。

セックスを回避するために、男性にお口で奉仕してあげることも禁じ手となりますと、性欲マンマンの男性には厳しい状況ですね。

これは口内に男性器を咥えることで、感染症を起こすリスクから言われているようです。

妊娠中でもコンドーム装着が推奨!?

上記のオーラルセックスにおいてさえも、コンドーム着用が推奨とされることが非常に多いのです。

妊娠中には、性器同士のふれあいについては、安全な出産のためには極力避ける、という見解のようです。

元々「中出し」派だったご夫婦や、長く「妊活」で中出しに慣れ親しんだ夫婦には、かなりキツイことかもしれません。

妊娠中の中出しセックスでのリスクについて!

それでは女性が妊娠中の場合の、「中出し」にどんなリスクが潜んでいるのか、具体的に示してみます。

リスク①:細菌感染

まず冒頭に来るのは「細菌感染」のリスクです。

清潔にしていても、男性器が無菌状態ということはあり得ないことです。

それをむき出しの状態で、妊娠中の女性の膣に迎え入れるのは細菌感染の危険性が大きいということになります。

それは上述した、オーラルセックスでも意味は同じで、咽頭を通じて感染症を起こすリスクゼロではないためです。

妊娠中には、たとえ感染症でも「投薬」は基本的にNGな場合が多いのです。

これはごく一般的に、妊娠中には「風邪」の予防も徹底すべきということと同じです。

リスク②:セックス後にお腹が張る

中出しかどうかに関わらず、セックスの後に妊娠した女性の多くが「お腹の張り」を訴えます。

これはセックス行為で子宮ごと揺らされたことの影響から起きる現象です。

お腹の張りを感じた場合、直ちにセックスを中断すべきというのは完全な常識となっています。

リスク③:早産・流産の可能性も?

特に中出しのセックスの場合、奥深く男性器を挿入しがちです。

そのため子宮口ギリギリのところまで挿入して、子宮ごと揺らすことにもつながります。

性的刺激・快感が、妊娠中の女性の身体では「子宮収縮」を招く作用があり、これが早産・流産にもつながりかねないのです。

妊娠中の中出しが危険と言われる根拠について!

では「中出し」することが、どういう意味でリスクを伴うのか、さらに科学的な見地から探ります。

根拠①:精液に含まれる「プロスタグランジン」が子宮収縮を招く?

これは医学的な根拠とも言いながら、それほど気にすべきでもないと、両論がある説です。

それは精液に含まれる「プロスタグランジン」という物質が、子宮の収縮を早める物質だということです。

実際には精液に含まれる「プロスタグランジン」微量であり、その「1回」が即、出産に影響するとは考えにくいのです。

しかし妊娠中の身体に、取り込むべき性質のものでないことも事実です。

根拠②:妊娠中は徐々に子宮口が柔らかく広がり始める!

妊娠すると女性の「子宮口」は、来るべき出産に備えて、徐々に柔らかく広がり始めます。

この働きのせいで、通常の時期よりも「出血」しやすくなっています。

そうしたコンディションの中で、ゴムなしセックスで激しく動き「中出し」まで行うのは危険と言わざるを得ないでしょう。

万が一「出血」した場合には、焦らずすぐにセックスを中断し、止血に努めます。

様子がおかしいと思われたら、かかりつけの医師のもとを訪ねたほうがいいでしょう。

根拠③:夢中になり過ぎ腹部圧迫!乳首刺激も実はリスキー?

「中出し」行為そのものがリスクをはらむものであると同時に、性的快感が母体には良くないとする説も有力です。

つまり「乳首の刺激」による快感すらも、腹部の圧迫感を誘発するケースはあるのだそうです。

妊娠時期による妊婦と赤ちゃんの変化!

妊娠には便宜上「妊娠時期」という分類が存在します。

これは妊娠が確定してから「何週間目」にあるのか、という分類法です。

多くの女性は妊娠から40週間で出産を迎えると言われています。

妊娠時期でおおまかにわかることは、母体と胎児の両方の変化で、時期ごとに注意すべき点は少しづつ異なってきます。

①妊娠初期:女性の体調が最も変動する大事な時期!

妊娠初期とは、妊娠確定からおおよそ「13週目」くらいまでの時期を指します。

妊娠確定とは「受精」をした日を指しますが、この日にその自覚があることは、まずありません

市販の妊娠試薬で「陽性」が出るのが、次の月経予定日から1週経過した、5週目あたりからと言われています。

この「妊娠初期」には、女性の身体も精神も著しい変化が訪れます。

「つわり」などの辛い症状が出たり、流産の危険性も非常に高い時期です。

妊娠の可能性が感じられるこの時期には、セックスは控えるべきだとする医師がほとんどです。

②妊娠中期:お腹が張りやすが「安定期」とも言われ個人差が大きい!

妊娠中期とは、妊娠「14週目」から「27週目」までの時期を指します。

この時期まで来ますと流産の可能性はかなり低くなる「安定期」とも呼ばれます。

外見的にもお腹がふっくらし始め、乳首の色素が沈着し、黒ずんでくる時期でもあります。

性欲に関してこの時期では極めて個人差が大きく全く性欲がなくなる女性もいます。

逆に、食欲・性欲共に旺盛となる女性もいて、コンドーム着用のセックスに関しては「禁忌」とされないことも多いです。

ただしこの時期に早産を誘発してしまうと、赤ちゃんは自発呼吸できない未熟児となってしまいます。

③妊娠後期:いつ出産してもおかしくない時期!負担が少なければセックスも可能?

妊娠後期とは、妊娠「28週目」以降、出産までの時期を指します。

この時期に突入する頃には、お腹の赤ちゃんも約1.1kg前後に成長し、女性のお腹が相当目立つようになります。

子宮が大きくなるので、心臓や胃も圧迫され、動悸や息切れなどしやすい時期でもあります。

この時期でのセックスは、正常位やバックは負担が大きいので、即位がおススメとのことです。

言うまでもなく、母体に負担を強いるようなセックスは避けるべきとされます。

愛妻の妊娠中に「中出し」をしていた無知と幸運!?

実際の体験談に基づいたお話を、ここに記しましょう。

もう我が家の子供は来年、中学生にもなるのですが、この子の妊娠中に私は「中出し」ばかりしていました。

妊娠中の中出しに、これほどのリスクがあることを妻も私もよく知らなかったのです。

避妊の必要がないことから妊娠中期から中出しばかり!

交際期間が短かったせいか、結婚してからはずっと中出しセックスしかしていませんでした。

お互いに子供は欲しかったので、いつ授かっても大丈夫と思ってのことです。

それにプラスして、コンドーム着用のセックスでは快感が少なく、お互い気持ちいいことから中出しを好んでしていました。

新婚と言えるうち、すぐに妊娠が発覚しました。これはうれしいことで、両親も喜んでくれました。

そして妊娠した以上、「それ以上の妊娠はない」との思いから、妊娠中期以後は様子を見つつ「中出し」ばかりしていました。

なるべく早く終わるようにセックス出来るという男の身勝手!?

妻はやや性感が薄れたと言いましたが、嫌ではなかったようです。

自分も妊婦の身体に「余計な負担」をかけないように、早く終わらせるセックスにしました。

これが「相手を満足させて射精」というのでなく、こちらの都合も合わせて「早漏」でも構わないという自由さに思えたのです。

妻の身体が刻々と変化していく様子も興味深いものがありました。

乳首が黒ずんでくることも、むしろエッチな感じがして性欲は向上しました。

中出しOKなりの自分ルール!?

中で射精しても良しとする代わりに、お腹へ重圧をかけることだけは厳禁と心得ていました。

なので、挿入前にキスしたり乳首舐めをじっくりしてもらったりして、勃起状態を長く保ちました。

そして実際、挿入時間はごく短くして、出す時は浅い位置ですが思いっきり「中出し」

妊娠5カ月目くらいから、ほとんど臨月まで、妻とのセックスが楽しくて気持ちよくて仕方ない時期でした。

一番妊娠が安定していた、8カ月目くらいは毎晩のように中出しできる「幸せ」を感じていました。

毎日大満足な「中出し」で射精していたせいでしょうか、この時期自身の男性器は、確実に一回り大きく太くなっていたようです。

結果的に予定日より少し早い正常出産で子供は五体満足!

出産予定日は7月でしたが、6月の下旬のある日、破水して産婦人科へと行きました。

そのまま入院し、自然分娩で出産し、母子共に健康の知らせに幸福は最高潮に。

子供も五体満足で、ホッとしたことが、つい最近に感じられます。

後から知って「ゾっとする」常識だらけ…

しかし子供が生まれてから、「妊娠中の中出し」は早産の元、との情報を知ったのです。

生まれる前から、「名付け」のための姓名判断や、胎教・育児に関する書籍は読んでいたのに、妊娠中の性行為については無知でした。

何事もなく今があるのでいいのですが、正直ゾットする思いをしたことを覚えています。

まとめ

妊娠中の中出しセックスについてを探ってきました。

結論としては、妊娠中には「中出し」は控えるべきで、セックスをするならコンドーム着用が基本とされるようです。

ただし妊娠期間中、ずっと夫婦間でセックスも触れ合いさえもないのは、その後の夫婦生活にも影響します。

よくある話として、妻の妊娠中に夫が浮気に走り、その後の夫婦関係にヒビが入るなどという噂も聞きます。

妊娠中であっても、早産・流産、また感染症対策があれば、セックスはしてもいいし、むしろすべきとの意見もあります。

男性は女性の身体を気遣い、大切な「40週間」を別な意味で楽しむべきでしょう。

お互いにいたわりあって、妊娠中ならではのセックスライフが送れることを祈っています!

関連記事

ノーハンドオナニーとは?男女別にやり方とメリットを詳しく解説

新しいセックスの仕方“ポリネシアンセックス”のススメ!新しい快楽がそこにある!

足の裏フェチの人が感じる魅力とは?M男性を興奮させる要素を徹底解明!

少しコアな性癖ではありますが、足の裏フェチというものがあります。男性が多いのですが、女性の足の裏に性的興奮を覚えます。人によってすべすべが好きだったりガサガサが好きだったりは変わってくるので、どのような足の裏が好きなのかチェックしましょう。

話題の「兄活」パパ活との違いとは|兄活のメリットやデメリットと注意点を徹底解説

食事やショッピングなどのデートを楽しみながらお小遣いをもらえる「兄活」は、「パパ活」と何が違うのでしょうか。パパ活から派生した兄活をしている男性の特徴を知ることで、安全にお小遣い稼ぎをすることも可能になります。これから兄活を始めたいと思っている女性は、メリットとデメリットを理解しておきましょうね。今回は、「兄活」で気を付けなければならないことも徹底解説します。

シーシャの美味しい吸い方は?初心者でも簡単に吸えるコツを解説します!

葉巻、パイプ、紙巻きタバコと喫煙を楽しむ方法はいくつもありますが、今流行っているのが水タバコ“シーシャ”です。シーシャは、花瓶のようなガラスの器に香りのついた液体のタバコを吸って香りを楽しむものですね。専門店も増えてきて気軽にシーシャが吸えるようになり、気になっている人もいるのではないでしょうか?今回は初心者向けに美味しいシーシャの吸い方を紹介します。